健やかマニア
ひとりを愉しんで人と自然を観察する。 毎日がセルフメディケーション
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
素材にふれて手を動かすことで得意を見つける自分を知るアートセラピー「路地」 参加者募集中
2005年 11月 24日 (木) 02:13 | 編集
 ROJI

 東京のまん中、神田は神保町の路地裏
 ちいさな隠れ家
 都会の草庵・ボロビルに仲間がいる
 まずは、制作する場所に入り素材にさわる
 作る所作と、変化するモノ
 プリコラージュ的制作による交歓


「路地」は共同のアトリエです。
制作しながら他者と接することで、自分の得意をみつけ、いろんな素材で創作する場です。
終始自分の好きなやり方で制作したい方には、その時間とスペースを提供します。
(星野勝茂/美術家・日本芸術療法学会会員)


障害者と美術家の共同アトリエ
神保町工房・路地
Art Care Space ROJI

では、
随時参加者を募集しています。


「障害はないけれど」というひと、
「病気をもっている」というひと、
「デイケアをやっているが、もっと描きたい」
「引きこもっているが何か面白いことないか」


覗いてみたい、という方、歓迎します。
ぜひ日曜の昼、神保町へお運びください。

次回弟8期:2006年2月3日から、8回(予定)
時間:日曜 午後13;00~17:00
定員:8名(来年までたぶんまだまだ空いてます)
場所:NPO法人 AESS(弟2富士ビル3F美学校内)
費用:会費、画材費15,000円(分納2,000円/1回)
連絡先:
美学校
東京都千代田区神田神保町2-20 第2富士ビル3F
03-3262-2529
http://www.bigakko.jp/

………☆


わたしが「路地」に出会って、2期が過ぎました。

神保町と美学校(という場所)がだいすきではあるけれど、
極度のめんどくさがりなわたしにとって、
路地への参加は、
「ちょっと1回覗いてみるかー。」
という、いっときのきまぐれでした。

1年経ち、気づいてみれば、その週に見たあれやこれや、
「路地」へ行かなければそのまま忘れ去られたであろう記憶の産物が、
なにかしらのかたちになって、
「このときのアナタ、こんなだったのヨ。」
と、教えてくれています。

わたしはここでなにやってんだろう。
いったいなにがしたいんだろう。


やみくもに、自分の理解者を探し求めて失敗ばかりだったけど、
いまとなっては、わたしの作ったモノこそ、
わたしのよい話し相手です。

1回2,000円払ったら、誰にも迷惑をかけずに、
いろいろな心配ごとから離れて、
おもいっきり遊べる。

いいもわるいもない、たんなる生きてた記録だけど、
わたにはそれが必要だったんだ、と気づきました。

絵になっててもいいし、落書きでも、
おそらく、絵である必要もない。


手を動かすことが大事。
声を出すことが大事。
記録が大事。


それが「路地」のテーマだと感じます。

弟7期現在、「路地」は参加者が少なく、
少しさみしいです。


うつのひと、家に居づらいひと、
もちろん病気でなくても。

ちょっと前のわたしのように、
なんとなく過ぎてく毎日のなかで、
もんもんとしているひと
自分を持て余してるひとが、
「路地」との出会いをまってるんじゃないかと思えてならないので、ここに募集要項を告知しておきます。

質問があれば、ここにコメントを書いてくださってもよいし、
美学校にお問い合わせいただいてもよいと思います。
(あいその悪い代表が応えてくれます。)

遠方の方でも、興味があれば、
1回だけでも参加できますのでぜひどうぞ。
ただし、「路地」は不定期で行われるので、
必ず日程をお問い合わせください。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 健やかマニア all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。