健やかマニア
ひとりを愉しんで人と自然を観察する。 毎日がセルフメディケーション
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長門裕之の介護話
2008年 11月 21日 (金) 15:35 | 編集
長門裕之ってひとは、前からいいな、と思っていた俳優。
若いころかっこよかったんだよ、いまは味があるというかんじだけど。

ここ数年なんとなくオーラが違った気がする。
元気な演技がオーバーくらいだけど、私はかえって自然な気がしてね。

つい最近、妻の介護に取り組んでる姿が報道されて話題になった。
個人的には、
「オレ自身は男としての夫としての充足感をすごく感じている。
居てやることが、支えることがこんなに必要な夫婦っていうのは絶対ないだろうっていう。
今一番充実した夫婦生活を送っているぁって気がするんだよね」
という言葉が、ほんとかな、ほんとならいいな、と思う。

報道への賛否両論が騒がれている。
長門裕之が南田洋子の認知症を涙の激白!賛否両論噴出あなたはどちら?
http://www.222.co.jp/netnews/article.aspx?asn=25984

山口美江のお父さんの介護や、いくつかドキュメンタリーを見たこともあるけど、
どんなに懸命な思いがあっても、悲劇の多いまま別れることもある。

「認知症の介護は想像を絶する」ということは事実。
まだ経験はないが、あしたは自身の体験になる可能性がみんなにある。

そんなとき、ほかの人の体験がきっと支えや参考になると思う。

徹子の部屋でのコメントをちょっと長いけど載せておきます。

いずれにしても家族という人間関係も一筋縄ではいかないもの。

「私生活の中でこうやって生きてる間でも指の中からポロポロ物が落ちていくように、洋子の忘却
の世界の中で、(長戸は)普通の状態で洋子のそばに居るから拾い集めて洋子の手の中に戻してやろうとするんだけど、そういう気持ちがもうおっつかない。
どんどんいろんなことを忘れていっちゃう感じになっちゃうんだよね。
本人にとってそれが悲しいことだっていう認識すら薄れているんじゃないかって。
そんなときオレがそばに居てやれるっていうのが支えになって…
オレ自身は男としての夫としての充足感をすごく感じている。
居てやることが、支えることがこんなに必要な夫婦っていうのは絶対ないだろうっていう。
今一番充実した夫婦生活を送っているぁって気がするんだよね」
(以上10/3放送「徹子の部屋」)
http://widegeinou.seesaa.net/article/107548174.html
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 健やかマニア all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。