健やかマニア
ひとりを愉しんで人と自然を観察する。 毎日がセルフメディケーション
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プログレッシブな
2007年 05月 25日 (金) 12:28 | 編集
久々に朝の音楽を携帯してみたけど、
やっぱ満員電車とかビル街はプログレだ。

プログレッシブロック聴きながらだと、
都会でも修行僧みたいな気持ちになれる。
歌詞ないから後味もサッパリ。

思えばコツコツ自分の路線を追求してきたな。
他人のイヤホンから漏れ聞いたとき、
一曲ずつリズムがちがうもの

がわたしのプログレコレクションポリシー。
音楽として洗練されかつ実験精神がなきゃプログレッシブ(進歩的)にならんし。
いろんな刺激を試みるのが音楽の実験とすれば、
信頼のおけるアーティストの編曲で、
実験的な音楽を聴く、というのがプログレの楽しみと、
ワタシは思う。

その性質ゆえ、味わいが流行と無縁なところもいい。
人からもらって何ボほど聴いたか、という
ペリカンドーターズ(アメリカシカゴのバンドでアマゾンにはない…)
のアルバムは、いつ聴いても、
昔の人の棺桶開けたら死体がみずみずしかった、怖い☆
みたいな印象がたまらん。

そして新しいので久々に骨太な音職人と思われるのが、
バトルスであろうよ。「声」の使い方がいいな。
こういうのがあればわたしだって「今」のにハマれるよ。
バトルスはプログレじゃねーとかいう人いるかな。
…プログレだよコレ。プログレ古い?かっこ悪い?

で、ペリカンドーターズとバトルスを比較してみると、
なんだ、その精神はまったく変わってないじゃん。
帯にはロックの未来とか書いてあるけども。

雑多で騒々しいのは嫌い。
洗練されてる感がないとゴマかされた気がするから。
レジデンツなんかの人を喰ったような演出もいいね。

今日は珍しく特に思い入れがある音楽のことを書いてみた。
でも田舎へ行くときは、プログレはやめて、
気の抜けたような歌い方のやつに変えるんだ。


ズレズラ いま最も欲しい物


人気blogランキング投票ブログ村 うつ病(鬱病)
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 健やかマニア all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。