健やかマニア
ひとりを愉しんで人と自然を観察する。 毎日がセルフメディケーション
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パフューム
2007年 03月 08日 (木) 11:59 | 編集
パフューム」が見たい。

私好みの怪奇ゴシック趣味の映画がないな~、
と思っていたが、久々に匂う作品が。
ついでに豊洲の映画館ユナイテッドシネマを体験したい。

この「パフューム」、
750人エキストラによる全裸ラブシーンで話題になってるけど、
わたしの興味は、怪奇趣味の度合い。
プロットはぜんぜん違うけど、
美しさと香り、片思い、ナゾ解き、危険といえば、
怪奇好きにゃーたまらんテーマだがね。
ポスターの画像なんかを見て、なんとなく、
ナサニエル=ホーソーンの「ラパチーニの娘」※を思い出した。

前回、コリャいいネー、と思った怪奇(幻想)映画は「ナインスゲート」。
…古。ジョニーは「フロム・ヘル」も見たけど、話はフツーだった。
ウィットに富んだ粋な幻想映画では「ビッグフィッシュ」。
これも古いなー。その分野の作家がほんとうに少ない。

わたしにもアイデアはあるよ。
日米合作2部構成で、「特別料理」を映画にするとか。
1部は本家エリン=スタンリイ原作、監督はジョナサン=デミみたいな職人がいい。
2部は「短編復活」に収録されてる綾辻行人のパロディ作品で舞台は日本。女主人役は菊地凛子みたいなのがいいんじゃない。

そのレストランで供される料理は、食す者に至福の味わいをもたらすのだった。だがその美味の秘密とは…。

こういう地味な、ともすれば悪趣味な物語を、
無駄なく粋な映像演出で見れたらなあ。
そして怪奇ファンがもっと増えんかなあ。

パフューム なんじゃこりゃ。


※「ラパチーニの娘
「緋文字」で有名なホーソーンの怪奇短編小説。
毒物を研究する老人が育て上げた風変わりな娘と、
美しい庭に遊ぶ娘に一目ぼれした青年との悲恋話。


Yahoo!ニュース パフューム 映像あり
全裸が750人!禁断のシーン解禁!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070302-00000009-flix-movi&kz=movi


一時、映画に行くと閉塞感で気分が悪くなったりしたので、
映画館にずいぶん行ってない。春だし出かけたいね。


人気blogランキング投票ブログ村 うつ病(鬱病)
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 健やかマニア all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。